留学生新聞 (メディアチャイナ株式会社)
 
ホーム 組織概要 事業内容 お問合せ
ホーム 組織概要 <?=$option_title_esc ?> お問合せ
 
2020/05/21
学生支援給付金 留学生の申請要件が判明

学業成績や出席率などの条件クリアも求める

困窮学生に対して支給される「学生支援緊急給付金」について、文部科学省が外国人留学生に対し求める基本的な申請要件が判明した。日本人学生と同様に、家庭から経済的に自立し生活費や学費の大半をアルバイト収入で賄っていて、新型コロナウイルス感染症の影響で収入が半減しているなどの他に、留学生については学業成績や授業の出席率、扶養者の状況などについてもクリアすべきハードルが設けられている。

文科省が大学等の審査向けに定めた同給付金の事務処理要領に盛り込まれた。留学生と日本人学生に共通の申請要件には、_板蹐ら多額(年間150万円以上)の仕送りが無い、原則として自宅外で生活している、生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が高い、げ板蹐らの追加的支援が期待できない、タ祁織灰蹈覆留洞舛妊▲襯丱ぅ伴入が大幅減となった月の収入が、前月比で50%以上減少している、の5項目が盛り込まれた。この内、,鉢の仕送り額及びアルバイト収入の金額については新入生(1年生)の場合は予定額を、2年生以上は前年度の額を申告してもらい判断する。イ離▲襯丱ぅ伴入減少額は、給与明細や通帳の写しで確認する。

一方、これらに加え留学生のみに追加で求める要件としては、留学生向け奨学金である学習奨励費の受給要件に準じる内容を明記。具体的には、Τ惷叛績が優秀で前年度の成績評価係数が2.3以上(成績評価ポイント3=「秀・優」、2=「良」)、1か月の授業出席率が8割以上、┿伝りが平均月額9万円以下(授業料・入学金の分は除外)、在日扶養者の年収が500万未満、の全てを満たすことを求めた。

文科省ではこうした基本要領について各大学等への伝達を始めており、希望する学生からの受付を順次開始するよう促している。各大学で受給できる学生の枠については文科省が推薦枠を2回に渡り配分する予定だ。

なお緊急給付金は各大学等からの推薦を踏まえ日本学生支援機構(JASSO)から直接受給学生の口座に送金されるが、学生の経済状況に応じて、大学等が先に立替払いを行うことも認めるという。ただその場合には事前に当該学生から委任状を提出させる必要がある。
(留学生新聞ニュース 2020.5.21)
 
戻る


Copyright(C)2006mediachina co.,Ltd